Go Forward

理工学研究科

【応用化学専攻】博士前期課程2年安生絵利奈さんが 「若手優秀研究発表賞」を受賞

2012年10月01日
明治大学 理工学研究科

2012年9月25~26日に神戸大学・六甲台キャンパスで開催された、第22回無機リン化学討論会 若手研究セッションにおいて、理工学研究科応用化学専攻博士前期課程2年の安生絵利奈さん(相澤守研究室)が「若手優秀研究発表賞」を受賞しました。

演題:アパタイトファイバースキャフォルドを用いた長期三次元循環培養による再生肝オルガノイドの構築と機能

内容:我々は、これまでに三次元的な多孔質構造を持つアパタイトファイバースキャフォルド(AFS)の開発に成功しています。このAFSを装填したラジアルフロー型バイオリアクター(RFB)を用いて、肝細胞モデルであるFLC-4細胞の長期三次元循環培養を行い、再生肝オルガノイド(ミニ肝臓)を構築しました。この再生肝オルガノイドのアンモニア代謝能、アルブミン合成能を評価したところ、3か月にもわたる長期間、肝機能を維持していることを明らかにしました。今回、この研究成果が認められ、若手優秀研究発表賞の受賞につながりました(口頭発表した学生19名中5名授与;5名中本学学生2名)。日本無機リン化学会はリンを含有する無機物質およびそれに関係する物質に特化した学会であり、無機リン化学討論会は今回で22回目を数えます。

関連ホームページ:
日本無機リン化学会  http://www.jaipc.jp/
応用化学科相澤研究室  http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/


明治大学大学院