理工学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

上倉万穂さん(応用化学専攻博士前期課程2年;指導教員 相澤 守 教授)が第27回無機リン化学討論会で若手優秀研究発表賞を受賞しました

2018年09月06日
明治大学 理工学部事務室

受賞名:若手優秀研究発表賞
学会名:第27回無機リン化学討論会
開催地:愛知県春日井市(中部大学)
開催日:2018年8月30-31日(発表日:8月30日)
発表者:○上倉万穂, 永田幸平, 竹岡裕子, 陸川政弘, 長屋真樹, 長嶋比呂志, 相澤 守
演題:生体吸収性ポリマー粒子を気孔形成剤とした有機/無機ハイブリッド型多孔質セメントの作製とその生物学的評価

<内容>
理工学研究科応用化学専攻生体関連材料研究室(相澤守教授)では、低侵襲治療の確立を目指し、注射器などで注入可能なペースト状人工骨(骨修復セメント)の開発を産学連携を通して推進しています。
今回の研究では、生体吸収性をもつβ-リン酸三カルシウム粉体と同じく生体吸収性をもつポリ乳酸ポリグリコール酸共重合体(PLGA)粒子とをハイブリッド化させることにより、生体内で完全に吸収置換される新規な「有機/無機ハイブリッド型多孔質セメント」の創製に成功しました。実際、そのハイブリッド型多孔質セメントをブタ脛骨にインプラントしたところ、12週間の埋入で約60%が吸収され、新生骨に置換していることが分かりました。このハイブリッド型多孔質セメントは、優れた骨形成能と生体吸収性を併せ持つ次世代の「骨修復セメント」として期待されます。
上記の研究成果が認められ、今回の若手優秀研究発表賞の受賞につながりました。なお、日本無機リン化学会はリンを含有する無機物質およびそれに関係する物質に特化した学会であり、無機リン化学討論会は今回で27回目を数えます。なお、この研究は、本学バイオリソース研究国際インスティテュート(代表:農学部 長嶋比呂志教授)および上智大学との共同研究となっており、明治大学「生命機能マテリアル研究クラスター」研究の一環として実施されました。

関連ホームページ:
日本無機リン化学会  http://www.jaipc.jp/
応用化学科 相澤研究室 http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/
明治大学生命機能マテリアル研究クラスター http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/cluster/ 
明治大学国際バイオリソースインスティテュート:http://muiibr.com/

「理工学研究科 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.