Go Forward

理工学研究科

【建築・都市学専攻】プノンペンとバンコクで「2都市型ASEAN国際共同ワークショップ」を実施

2019年08月20日
明治大学 理工学部事務室

 理工学研究科 建築・都市学専攻は 730日から 89日の期間「 2都市型 ASEAN国際共同ワークショップ」を実施しました。これは建築・都市学専攻の設計演習科目「設計スタジオ C」の一部として継続的に国際的実践教育プログラムとして行っているもので、 2016年本学が採択され、 3つの部局が取り組んでいる「大学の世界展開力強化事業」の一部として、派遣/域内交流プログラムとして位置づけて実施されました。  

前半をプノンペン(王立芸術大学、カンボジア工科大学など)、後半をバンコク(本学アセアンセンター)で実施し、本学からは学生17名(派遣プログラム)と教員、連携校(6カ国7校)の全てから学生15名(域内交流プログラム)と教員7名が参加し、プノンペン市、南部の川辺の地区再生のプロジェクトに取組みました。学生たちは、6つの混成グループに分かれて、2グループずつ「Waterfront」「Post-Industrial」「Housing」という3つのテーマに取組み、地域の文脈の読み取り、課題や資源の抽出、将来ビジョンの導出、具体的な都市・建築デザインの提案という一連の作業に取組みました。前半のプノンペンでの作業を受けて中間発表の後にバンコクに移動し、後半は本学アセアンセンターで共同作業を続け、ワークショップ最終日に最終講評会を実施して、提案発表、講評と意見交換が活発になされた。混成グループでの英語での8日間の共同作業により、学生たちは多くを学ぶとともに、交流を深めることができました。

また、ワークショプ期間中には、参加教員による「共創FDワークショップ」を3回開催しました。国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」や国際連合人間居住計画(UN HABITAT)による活動計画を前提として、アセアン主要都市の都市開発のあるべき姿や専門家の国際協働による参画の可能性について議論を深めるとともに、各国での建築・都市学の教育の改善やASEAN域内のモビリティ向上のための連携への取り組みについても議論を行いました。また、昨年までの過去2回の同ワークショップを振り返り、来年が最終年になるが、昨年までの成果をまとめた2冊の小冊子、ワークショップの課題と出題方式についての議論を深めました。

本年度が3回目となる2都市型ASEAN共同ワークショップについては、共催校である王立芸術大学およびカンボジア工科大学の担当教員の協力により、円滑に準備・実施ができました。また、学校間の連携以外にも現地で活躍する日本人実業家、デザイナー等の協力により事前学習やワークショップを実施するための情報や知識を得ることができました。
 また、ワークショップの前後には、大学の世界展開力強化事業の主旨に沿って本学学生に対して事前学習・事後学修のプログラムを実施しました。

プノンペンでは現地の日本企業を訪問、現地で活躍するデザイナーの講義を通じてPBL活動を行ったほか、カンボジアの著名な建築家の作品を見て回りました。バンコクでは日建設計タイランドを訪問して、大手設計組織事務所での従来型からグローバル化に伴う体制へとのシフトがわかる有意義なプログラムとなりました。

Figure1: 最終講評会Figure1: 最終講評会

Figure2: 集合写真Figure2: 集合写真

明治大学大学院