【生命科学科】矢野健太郎教授の共同研究の成果がNature Communicationsに掲載されました

2018年09月24日
明治大学 農学部事務室

 基礎生物学研究所進化発生研究部門の安藤俊哉助教と新美輝幸教授らのグループを中心として、東京工業大学の伊藤武彦教授、基礎生物学研究所の重信秀治特任准教授、明治大学の矢野健太郎教授、国立遺伝学研究所の豊田敦特任教授、東京大学の鈴木穣教授らの複数のグループからなる共同研究チームによりテントウムシの多様な翅の斑紋(模様)を決定する遺伝子の特定に成功しました。今回の成果は、進化の過程で多様性が遺伝子レベルで生じるメカニズムの普遍的な原理の解明に繋がることが期待されます。その成果は2018年9月21日Nature Communicationsに掲載されました。

<リンク>
基礎生物学研究所 http://www.nibb.ac.jp/press/2018/09/21.html
国立遺伝学研究所 https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2018/09/research-highlights_ja/20180921.html

<論文情報>
Repeated inversions within a pannier intron drive diversification of intraspecific colour patterns of ladybird beetles Toshiya Ando, Takeshi Matsuda, Kumiko Goto, Kimiko Hara, Akinori Ito, Junya Hirata, Joichiro Yatomi, Rei Kajitani, Miki Okuno, Katsushi Yamaguchi, Masaaki Kobayashi, Tomoyuki Takano, Yohei Minakuchi, Masahide Seki, Yutaka Suzuki, Kentaro Yano, Takehiko Itoh, Shuji Shigenobu, Atsushi Toyoda, and Teruyuki Niimi Nature Communications 9, Article number: 3843 (2018) DOI:10.1038/s41467-018-06116-1 <https://www.nature.com/articles/s41467-018-06116-1>

 

「農学部 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.