Go Forward

経営学研究科の博士学位取得に関わる情報を公開しています。
なお、実際に学位を請求するにあたっては、指導教員の指示に従ってください。

*******************参考(ガイドライン抜粋)*****************************
【博士学位請求の要件】
<在学期間>
(1) 本研究科博士後期課程に3年以上(見込を含む)在学し,所定の研究指導を受けていること。
(2) 本研究科博士後期課程に3年以上在学し,所定の研究指導を受けた後退学した者にあっては,博士 後期課程入学時の入学日から起算して8年以内に限り,研究科委員会の許可を得て再入学し,課程 博士の学位を請求できるものとする。
<単位要件>
(1) 指導教員が必要と認める授業科目12単位を,修得しなければならない。
(2) 指導教員が必要と認めた場合には,博士前期課程設置科目,他研究科設置科目及び別表1の2に規 定する研究科間共通科目を履修することができる。
<研究業績>
本研究科の『経営学研究論集』,本学経営学部の『経営論集』,本学社会科学研究所の『明治大学社 会科学研究所紀要』などに4編程度発表されていることが必要である。そのうち1編はレフリー制のある学会誌に掲載されていることが望ましい。
<研究倫理教育の受講>
 本学が定める研究倫理教育を受講していること。
<研究指導>
以下に掲げる本研究科学位請求までのプロセスを経ているものとする。 
ステップ1 博士前期課程で学んだ基礎知識に基づき,入学時に決定した指導教員から,各自の研究テ ーマに関係する文献・資料などの収集,さまざまな調査・分析活動と「特殊研究」を通じ て博士学位取得に必要な研究指導を受ける。
ステップ2 指導教員からの研究指導を受け,本研究科の『経営学研究論集』,本学経営学部の『経営論 集』,本学社会科学研究所の『明治大学社会科学研究所紀要』,その他レフリー制のある学 会誌に論文を投稿する。
ステップ3 学術的に優れた論文,計4編程度を統一的なテーマのもとで体系化し,学位請求論文とす る。作成された学位請求論文について,指導教員が経営学研究科で定めた要件を備えてい るものと判断した場合,4月1日から8月31日までに予備登録をし,予備登録の当日か ら9月の別途定める日までの間に経営学研究科委員会に提出する。
*************************************************************************

学位請求時提出資料(WordとPDFを用意しています。どちらか一つをご提出ください)

和文Version
English Version

【参考】各種様式見本

PDFで各種様式の見本を掲載します。
※英語様式にファイルがない様式は日本語様式を使用してください。
※本課程を経ずに学位を請求する方(いわゆる論文博士)の学位請求手続については、大学院事務室経営学研究科担当までお問い合わせください。
明治大学大学院