Go Forward

大学院修了生から

修了生からのメッセージ 【博士前期課程】

経営学専攻
博士前期課程 リサーチコース 2019年3月修了 
花井博貴 HANAI Hiroki 

      自身の可能性を広げる環境

 私は明治大学経営学部経営学科在籍時に鈴木ゼミで管理会計を学んでいました。
そこで勉強していくうちに、もっと専門的な知識を学びたいと感じ、大学院に進学
しました。大学院に入学してからは授業と研究の繰り返しでしたが、それに比例して
多くの事を学ぶことができました。
 大学院では新たな挑戦としてダブルディグリー・プログラムに参加しました。
このプログラムは明治大学大学院とマレーシア工科大学両方の修士号を取得できる
制度で、実際にマレーシアにも数か月間留学しました。そこでは異なる価値観や
見方を持った人と交流することができました。このプログラムを通じて、海外の方との
人付き合いや徹底的な議論ができるようになりました。
 明治大学大学院ではこうした研究や留学に専念するための助成金制度が豊富です。
私もたくさんの制度を利用することでお金の心配をすることなく、研究や留学に
専念することができました。このように明治大学大学院は、たくさんの機会があり、
これから自身の可能性を広げたい人にはうってつけの環境だと感じています。
 
【研究室紹介】
 師事していた教授:鈴木研一 教授     

 私は学部生の時から鈴木研一教授の指導の下、固定収益会計という会計システムの
研究をしています。固定収益会計は固定客の収益性、安定性に着目し、その創出を促す
管理会計です。固定収益会計は比較的新しい概念ですが、鈴木先生と研究室メンバーと
議論を行うことで日々研究を進めています。

 

修了生からのメッセージ 【博士後期課程】
経営学専攻 2018年3月修了
唐澤 龍  KARASAWA Tatsuya

 
    実務家であった自分にとってのアカデミックな世界への扉
 
 2011年3月11日,東日本大震災が発生しました。社会人MBAを取得後、
国際知識移転や知識創造を研究対象にして博士後期課程への進学への
意欲はあるものの具体的な方策がない状態が続きました。偶然にも明治
大学経営学部の大石芳裕先生が主宰されるグローバル・マーケティング
研究会に参加させていただくうちに、明治大学で博士号取得に挑戦したい
気持ちが固まりました。2012年4月に入学後、論文が査読を通過できない
時期が長く続きました。実務をしながら研究することの難しさを痛感しました。
しかしながら逆境にも挫けることなく学位取得まで頑張れたのは、指導教員
からの厳しく、温かいご指導と同じ研究室の若い仲間と交流できる環境で
あったことが大きいと思います。明治での出会いは自分にとって生涯の貴重な
ネットワークです。
実務家として大学院で研究をするということは容易ではありませんが、他に代え
難い経験の連続です。経営学研究科には忙しい実務家であっても研究するチャンス
と環境を与えていただき、アカデミックな世界への扉を開いていただきました。
 
【研究室紹介】
 師事していた教授:大石芳裕 教授
 
 グローバル・マーケティングの第一人者である大石芳裕先生の研究室に所属し、
広告会社に勤務しながら専門的サービス企業の国際知識移転に関する研究を
行いました。毎週、ゼミナールでは各自の研究報告をもとに活発なディスカッションが
なされます。春・夏の菅平や山中湖のセミナーハウスでのゼミ合宿も楽しい思い出に
なっています。

 

明治大学大学院