Go Forward

コニシ トクオウ KONISHI Tokuou
職格 教授
最終学歴 明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程中退
研究業績等 教員データベース
個人ホームページ Twitter
専攻分野(研究分野) 近現代日本政治史

研究テーマ

足尾鉱毒事件、三木武夫、日本の政治風土と政治・社会構造の関係

主な担当講義

日本政治史

日本政治は、世界の動向に左右されるだけでなく、経済や社会、思想、技術、など多くのアクターの動向とも密接な関係を持って展開されてきた。講義ではおもに第二次大戦後を扱うが、日本社会の歴史全体を踏まえ、世界の動きの中でどのような過程を経て今日が形成されたのか講義する。

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

演習

主な著書・論文

『三木武夫研究』(日本経済評論社)
『首相列伝』(東京書籍)
『新版 日本政治の変遷—史料と基礎知識』(北樹出版)
『変革期における政権と世論』(北樹出版)

受験生・学生へのメッセージ

何を学ぶかと同様に、どこで学ぶかもあなたの物の見方、考え方に大きな影響を与えます。明治大学政治経済学部での学びは、あなたに「確実で、リアリティを持った考え方」を提供します。