Go Forward

カトウ ヒサカズ KATO Hisakazu
職格 教授
最終学歴 博士(経済学)
研究業績等 教員データベース
専攻分野(研究分野) 社会保障論・人口経済学・財政・計量経済学

研究テーマ

高齢化時代の社会保障・財政の持続可能性・マクロ経済の計量分析・人口経済学に関する実証分析

主な担当講義

社会保障論

年金・医療・介護などの社会保険や生活保護などの社会保障制度の内容に加え、社会保障を支える枠組みとしての財政や租税制度など関する経済学的な分析,所得分配と公平性,少子化問題やその対応などについて解説する。

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

演習

主な著書・論文

「人口経済学入門」(日本評論社)、「人口経済学」(日経文庫)、「世代間格差-人口減少社会を問いなおす」(ちくま新書)、An Empirical Analysis of Population and Technological Progress(Springer Japan)、「8000万人社会の衝撃-地方消滅から日本消滅へ」(祥伝社新書)、「高校生からの統計入門」(ちくまプリマー新書)

受験生・学生へのメッセージ

大学時代をいかに過ごすか、これによって今後の人生は変わります。世界に目を広げ、自分の納得いく人生をスタートさせてください。大学時代には専門分野の学びに加え、英語、統計分析、世界史の素養を磨いてください。必ず役に立つはずです。