Go Forward

外池力ゼミナール<比較政治体制論>

外池力ゼミナール<比較政治体制論>

ゼミ外書時間 皆で教科書持って・・・

研究内容

ゼミでの発表・質疑応答

テーマは自由で、ゼミ生の一番興味のあるテーマを二年間研究し、卒論に繋げていきます。
自分の興味あるテーマでなければ、研究は続きません。どのようなテーマであっても、政治経済社会の普遍的課題としてつながっています。私の専門は人権やデモクラシーですから、それらはあらゆる社会問題に通底しています。これまで600人以上のゼミ生で脱落者(除ゼミ?)したひとはほぼいません。

ゼミナール活動の進め方

ゼミ生が、一コマ分担当して、発表して、全員参加で質疑応答と討論をします。これを繰り返すことで、卒論に繋げていきます。できるだけ自由で楽しい雰囲気で議論できるように、心がけています。
外書は、毎年違う洋書を買って、英語だけでなく、洋書にも慣れていただきます。

卒業論文テーマの例

神保町古本屋街ツアー

「ソ連の民族問題」「スポーツを利用した地域活性化」「少年非行と子供の人権」「インドの経済発展 半導体と自動車」「エコツーリズム」「AIと航空産業」「ミャンマーの軍事政権」「アボリジニ社会の変貌」「ネルソン・マンデラとその後の南アフリカ」「マイナースポーツをどう発展させるか」「日本映画の国際進出への課題」「環境が与えるアスリート 女子アスリート生き方」「衰退する出版業」などなどなど

ゼミの特色

600人以上のゼミOBOGが社会の多様な分野で御活躍されておられます。毎年(コロナ時除く)OBOG会を開いて、現役学生を招待(待遇)しています。幹事は私で、年功序列の逆を行きます。