Go Forward

須藤功ゼミナール<アメリカ経済史>

須藤功ゼミナール<アメリカ経済史>

授業風景

研究内容

アメリカ革命から1900年までのわずか1世紀余りの間に、アメリカは世界有数の経済大国になった。さらに現代に至るその経済的・社会的発展を探ることで、その謎に迫るとともに、現在のアメリカをより深く理解します。アメリカ経済の歴史と現状に関するトピックをとりあげながら,それらの内容に関する発表と討議を通して,国際社会の史的ダイナミズムの解明を目指しています。

ゼミナール活動の進め方



アメリカ革命から1900年までのわずか1世紀余りの間に、アメリカは世界有数の経済大国になった。さらに現代に至るその経済的・社会的発展を探ることで、その謎に迫るとともに、現在のアメリカをより深く理解します。アメリカ経済の歴史と現状に関するトピックをとりあげながら,それらの内容に関する発表と討議を通して,国際社会の史的ダイナミズムの解明を目指しています。同時に,卒業論文の作成に必要なスキルを獲得します。

卒業論文テーマの例

・開発援助政策の日米比較
・アメリカ移民の経済・財政効果
・日本における米軍基地の存在意義—普天間基地移設問題についての分析—
・アメリカにおける芸術発展と政府支援

卒業生の進路

卒業生の進路は金融・保険業、製造業、情報・通信業、公益事業業、公認会計士、国家・地方公務員、大学院進学など広範囲にわたります。就職先企業の詳細は、ゼミHPをご覧ください。