Go Forward

日本史学専攻には次のような専門分野の7名の専任教員がいます。

落合 弘樹 明治維新史。特に藩体制の解体と明治国家の確立過程について、秩禄処分や不平士族など、旧藩士族の存在を基軸に研究。
清水 有子 近世日本史。日本の近世化にともなう政治外交上の諸問題を,対外交流が人々の思想面に与えた影響力に着目して解明する研究。
中村 友一 日本古代の政治史や律令法・制度を、4~10世紀と通時代的に、かつ中央・地方の双方向的な視点から見通す研究。
野尻 泰弘  日本近世史。村や大名の史料を用いて、藩と地域を総合的に研究している。
松山 恵 日本近代都市史。おもに幕末から明治期にかけての日本都市の特質について、空間・社会・文化の諸相から総合的に考察。
山田 朗 日本近現代、とりわけ15年戦争期を中心とする国家と軍事の関係、天皇制の役割、陸海軍の特質、植民地支配の諸問題に関する研究。
文学部