Go Forward

基礎ゼミナール(1年生)紹介[小林 秀行]

明治大学情報コミュニケーション学部 基礎ゼミナール(1年生)紹介
小林 秀行 専任講師
(主要担当科目)リスク社会論

≪学生へのメッセージ≫

 現代社会では、様々な社会問題が指摘されていますが、こうした問題への対応に自助努力や自己責任を問う声があがっています。小林ゼミでは、こうした現代社会の姿をどのように捉えればよいのか、ということを考えながら、あわせて「大学での学び方(アカデミックスキル)」の習得も行っていきます。
■演習テーマ
 リスクへと視線を向ける
■授業内容
  このゼミナールの趣旨は,リスク(危険)に対する知識を学ぶと同時に,学習を通して,課題の発見・情報の入手・情報の整理・プレゼンテーション・レポート作成など,大学における学びの技法についての習得と実践を図ることにあります。
 近年では,政治や経済の場面だけでなく,日常生活でもリスクという言葉が氾濫し,リスクへの対応として自助努力や自己責任を問う声があがっています。我々自身が,可能な範囲でリスクに対する警戒感をもつことは,確かに重要であるかもしれません。
 しかし,リスクという問題は,すべて自助努力や自己責任によって解決できるものではありません。むしろ,問題となってきているのは,たとえば雇用の不安定化,格差の拡大,気候変動,大規模災害といった個人では解決困難な課題であり,そうしたリスクへの対応に自助努力や自己責任が求められてしまっているという点にあります。
 ゼミナールでは,こうしたリスクを巡る議論の導入編として,春学期には,主に社会学の視点から,現代社会では何が問題とされてきているのかを,教科書の輪読を通して体系的に学習していきます。そのうえで,秋学期からはいくつかのグループに分かれ,グループごとに個別の研究テーマを設定し,研究テーマについてより詳しく調べていくというグループ研究を行っていきます。
その他(アドバイス等)
  本基礎ゼミナールは,今後,専門科目を履修していく準備として,大学における学びの技法を習得することを目標の1つとしています。よって,どのような関心の方でも受講可能です。また,社会の様々な場所にみられるリスクを題材とするなかで,皆さん自身が感じている疑問や不安を,互いに相談しあえる場になればよいと思っています。
 なお,教科書は担当教員より貸与しますので,購入の必要はありません。