Go Forward

シマダ ナオヤ SHIMADA Naoya
職格 教授
最終学歴 立教大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期課程(単位取得後退学)
研究業績等 教員データベース
専攻分野(研究分野) 日本近代文学、現代演劇批評、国語科教育法

研究テーマ

永井荷風、日本現代演劇

主な担当講義

日本文学、国語表現、日本・アジア文化論、日本・アジア地域論、教養演習、専門演習

日本文学:日本における「近代」の意味を問い直しながら日本近代文学史を概観し、時代別に文芸思潮を学びます。さらにその時代の代表的な作者について学び、授業時間内で実際に作品を読みます。日本近代文学の基礎知識の習得を目指します。

主な著書・論文

【著書】
(単著)『荷風と玉の井—「ぬけられます」の修辞学』(論創社、2019年5月)
【論文】
(全て単著)
 「記憶の遠近法——井上ひさし『父と暮せば』を観ること」(「日本近代文学」第94集、2016年5月)
「「ゼロ」度の身体/言葉(エクリチュール)——岡田利規『三月の5日間』を読む」(「日本文学」第60巻第11号、2011年11月)
「永井荷風の「復活」——『つゆのあとさき』を読む」(隔月刊「文学」第10巻第2号、2009年3月)
「語られぬ「言葉」たちのために——野田秀樹『ロープ』を中心に」(「第二次シアターアーツ」第34号、2008年3月)
「蝶々夫人の想像力——島田雅彦『無限カノン』と野田秀樹『パンドラの鐘』を読む」(「昭和文学研究」第54集、2007年3月)
「消えたラビリンス——「玉の井」の政治学」(「日本近代文学」第64集、2001年5月)

受験生・学生へのメッセージ

われわれは物語なしには、生きることができません。ある困難にぶつかったとき、「私はこの困難を克服して、成長する」という物語をそこに与えないと、立ち向かう気力すらなくしてしまいます。このように、人生にまとまった物語=解釈体系を当てはめることができるようになるためには、文学を勉強することが必要です。小説を楽しく読むのはもちろん大切ですが、もう一歩踏み込んで、人生のレッスンをしてみましょう。