Go Forward

内田兆史ゼミナール<連環地域文化研究>

内田兆史ゼミナール<連環地域文化研究>

研究内容



 芸術、 とくに美術、 映画、 文学、 そして音楽について、作品がどのような事情によって生み出されたのかを考え、またそれについてどう語るのか、 研究書と実作に触れて考察する。 自分の好きな作品について、 ある程度の説得力をもった批評めいたことができるようになることを目標とする。

ゼミナール活動の進め方



 外国書研究ではそれぞれが好きな曲の歌詞、 好きな映画のワンシーンのセリフ、 好きな小説の1ページの原語に触れ、 内容について考えてみる。またさまざまな文化について書かれたエッセイを読む。
 3年次の演習では論文の書き方、 発表のしかた、資料の集め方、 資料の読み方の初歩をおさえた上で、 レポートを書いてみる・輪講を行う・資料を探して読んでみる・議論をするといった実践に発展させていく。 内容としては文化論、現代芸術論、音楽論、映画論を読むことが多い。
 4年次にはゼミでの学習と個々の興味をいかにして卒業論文に結びつけていくか、 各自のテーマを絞り込み、 文献を読み、 卒業論文執筆への筋道を立てていく。

卒業論文テーマの例

「ロックンロールの誕生にみるアメリカ音楽史の形成」、「黒人音楽はどのようにして受け入れられたか」、 「教会旋法とモード手法 マイルス・デイヴィスを通して」 「ファッション業界において生き残す方法 ヴィヴィアン・ウェストウッドに学ぶ」 「1950 年代のハリウッド映画におけるプロダク トプレイスメントの変遷とその背景」「ファン心理・ファン行動から解明するK-POP オタ活」「アートプロジェクトと地域活性化」