Go Forward

アラマタ ミヨウ ARAMATA Miyo
職格 教授
学位 博士(社会学)
最終学歴 一橋大学大学院
専攻分野(研究分野) 人文地理学、フランス社会論
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  ○

研究テーマ

近現代フランスにおける都市計画事業の思想的背景に関する研究

キーワード

都市計画事業、フランス、地理思想

主な大学院担当科目

地誌学演習I,地理学合同演習

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

パリを主なフィールドとして、都市計画と社会、国家のかかわりについて考えています。フランスの研究から比較して、日本についても考えることが増えてきました。これからの都市のかたちを見据え、そこに生きる人々が何を求めているのかを示していきたいと思っています。

主な著書・論文

アルマン、シルヴァン編、荒又美陽・立見淳哉訳2017『私はどうして地理学者になったのか—フランス地理学者からのメッセージ』学文社 荒又美陽2016「ソーシャル・ミックス(社会的混合)」「変容する移民地区—パリ・グットドールの居住者層と多文化性の表象をめぐって」山下清海編『世界と日本の移民エスニック集団とホスト社会~日本社会の多文化化に向けたエスニック・コンフリクト研究』明石書店、pp.21-26、pp.101-127 荒又美陽2011『パリ神話と都市景観—マレ保全地区における浄化と排除の論理』明石書店

明治大学大学院