Go Forward

「駿台史学」総目次(第41号〜第50号)

「駿台史学」総目次(第41号〜第50号)

第41号(1977年9月)特集・大原幽学とその周辺
論 説 木村 礎 性学仕法の基礎的考察 1-  44
論 説 松沢和彦 大原幽学日記(全集本)の検討—特に「道の記」、「性学日記」、「口まめ草」について— 45-  66
論 説 藤田昭造 明治初期村落と性学門人層—千葉県香取郡府馬村について— 67-  81
論 説 鈴木秀幸 林彦兵衛と万力学校 82-107
論 説 栗原四郎 幕末期東総における地主経営—下総国香取郡鏑木村豪農平山家の経営と思想— 108-138
--- 木村 礎 研究計画・経過の大要 139-145
第42号(1977年12月)特集・歴史と地域
論 説 木村 礎 日本歴史における「地方」と「中央」—地域論によせて— 1-  17
論 説 渡辺隆喜 自由民権運動と政党構造—政党運動と地域との関連をめぐって— 19-  66
論 説 油井大三郎 マーシャル・プランと地域統合 67-116
資料紹介 石井素介 ナチス期北西ドイツにおける農村生活の一断面—一農村教師の記した「学校日誌」(1932-34年)から— 117-137
第43号(1978年3月)
論 説 門前博之 天正末期村落に関する一考察—相州足柄上郡山田村とその周辺村々の天正検地帳の検討を中心として— 1-  45
論 説 沢田 勲 匈奴君長権の性格—匈奴遊牧社会の歴史的規定をめぐって— 46-  69
論 説 山口 明 縄文時代中期初頭土器群の分類と編年—関東・中部地方を中心にして— 70-103
論 説 糸曽義夫 John Lockeの宗教哲学とキリスト教論 104-132
研究動向 藤田直晴 都市地理学の方法と問題点—機能論的研究を中心として— 133-142
書 評 上野純司 杉原荘介著『日本農耕社会の形成』(吉川弘文館,1977) 143-148
第44号(1978年7月)特集・中国古代史の諸問題
論 説 杉山佳男 実施状況からみた均田制 1-  59
論 説 松崎つね子 漢代の国家と商人—武帝期を中心に— 60-  75
論 説 重近啓樹 前漢の国家と地方政治—宣帝期を中心として— 76-105
論 説 岡田 功 前漢関中帝陵徙民再考—皇帝権力の一側面— 106-133
書 評 塚原俊敬 堀敏一著『世界の歴史 4 古代の中国』(講談社,1977) 134-141
第45号(1978年11月)
論 説 三宅 立 ガンドルファー兄弟事始め—第一次世界大戦前のバイエルンにおける国家と農民— 1-  70
論 説 山口直樹 関東地方土師時代後・晩I・晩II期における農具について 71-124
論 説 平野 満 古方から蘭方へ—吉田長淑における蘭方内科の確立— 125-174
論 説 西田碩志 市川市における戦前の市街地形成過程 175-207
書 評 孝本 貢 圭室文雄著『神仏分離』(教育社歴史新書,1977) 208-210
書 評 松村明子 杉原荘介著『群馬県武井における二つの石器文化』(明治大学文学部考古学教室,1977) 210-217
第46号(1979年3月)
論 説 下出積與 神祇信仰と道教・儒教—日本古代思想史の再検討— 1-  20
論 説 入戸野良行 李大釗と「トルストイズム」—李大釗研究ノート・その二— 21-  51
論 説 富田矩正 十二・三世紀東方植民期における北部ドイツ地域の諸問題—メクレンブルクを中心とする— 52-  77
論 説 小林三郎 古墳時代初期倣製鏡の一側面—重圏文鏡と珠文鏡— 78-  96
論 説 原田敏治
山崎憲治
市街地化にともなう都市近郊土地改良区の変貌課程—大阪府下・神安土地改良区の場合— 97-123
書 評 大濱徹也 中村雄二郎・木村礎編『村落・報徳・地主制—日本近代の基底—』(東洋経済新報社,1976) 124-128
書 評 飯島端治 海野福寿・加藤隆編『殖産興業と報徳運動』(東洋経済新報社,1978) 129-136
書 評 内山雅生 神田信夫著『図説中国の歴史 8. 清帝国の盛衰』(講談社,1977) 137-143
第47号(1979年9月)特集・日本細石器文化の研究
巻頭言 杉原荘介 特集にあたって(特に用語について) 1-    2
論 説 戸沢充則 日本における細石器の研究 3-  22
論 説 鶴丸俊明 北海道地方の細石刃文化 23-  50
論 説 矢島國雄 東北地方の細石器文化 51-  65
論 説 小田静夫 関東地方の細石器文化 66-  80
論 説 織笠 昭 中部地方北部の細石器文化 81-  98
論 説 鈴木忠司 中部地方南部の細石器文化 99-119
論 説 小野 昭 瀬戸内沿岸地方の細石器文化 120-132
論 説 橘昌 信 九州地方の細石器文化 133-151
論 説 安蒜政雄 日本の細石核 152-183
第48号(1979年12月)
論 説 松下新市 藩政担当者の国学受容—片桐春一における国学の機能— 1-  23
論 説 武藤 滋 ウガリト王国の国有地について 24-  49
論 説 近江吉明 封建制後期北フランスにおける近代的土地所有関係の萌芽—『ポーヴェー慣習法』にみられる土地譲渡関係をめぐって— 50-  76
研 究
ノート
山田昌久 木製遺物分析に際しての覚え書き—研究史の整理と技術分析について— 77-  92
第49号(1980年3月)
論 説 萩原龍夫 道興准后の生涯と信仰—中世修験道の輝ける星— 1-  27
論 説 青山治郎 明代嘉靖朝の京営について 28-  60
論 説 杉元邦太郎 離島隠岐における生産・流通の問題点と物価問題 61-  79
論 説 倉田公裕 東洋画論考 —骨法の一考察— 80-  87
書 評 辻本崇夫
坂入民子
前山精明
中野晴久
千葉博之
大塚初重
戸沢充則
佐原真編
『日本考古学を学ぶ』(有斐閣選書,1978) 88-  98
書 評 高島緑雄 萩原龍夫著『神々と村落—歴史学と民俗学の接点—』(弘文堂,1978) 99-110
第50号(1980年9月)第50号記念特集
論 説 木村 礎 日本村落史私観 1-  35
論 説 門前博之 戦後農村史研究と「封建村落」 36-  50
論 説 長崎元広 縄文集落研究の系譜と展望 51-  95
論 説 李 進煕 古代史の展開と帰化人史観 96-110
論 説 下出積與
圭室文雄
覚書・明治大学と日本宗教史 111-130
論 説 渡辺隆喜 大同団結運動と地方政情 131-172
論 説 神田信夫 清代史の研究と档案 173-189
論 説 堀 敏一 身分制と中国古代社会—良賤制の見方をめぐって— 190-213
論 説 松崎つね子 最近の中国における農民戦争史研究—毛沢東以後を中心に— 214-230
論 説 馬場恵二 古代ギリシア—先史と古典期の問題から— 231-249
論 説 石井素介 ドイツにおける農業地理学発展の動向—レオ・ヴァイベルの方法をめぐって— 250-267
論 説 千葉徳爾 日本における文化地理学的研究の動向—とくに人類の象徴的行為としての文化を空間的視角から研究する試みについて— 268-285
論 説 杉原重夫 関東地方のテフロクロノロジー研究の現状と課題 286-295
論 説 下川和夫 積雪の作用に関する諸研究 296-318
文学部