Go Forward

「駿台史学」総目次(第51号〜第60号)

「駿台史学」総目次(第51号〜第60号)

第51号(1981年1月)特集・バルカン諸民族と国際政治
論 説 阪東 宏 社会主義と民族問題—19世紀90年代の『曙光』(Przedświt)を中心に— 1-  46
論 説 馬場恵ニ ギリシア独立戦争と友愛会(フィリキ・ニテリア)一蜂起前後の新聞と友愛会檄文・布告— 47-106
論 説 三宅 立 チェトニク,パルチザンとドイツ第三帝国(1941年)—形成期のユーゴスラヴィア・レジスタンスに関するノート— 107-182
論 説 油井大三郎 解放ギリシャの暗転とアメリカ合衆国 183-243
第52号(1981年3月)
論 説 海野福寿 1930年代の文芸統制—松本学と文芸懇話会— 1-  38
論 説 石川日出志 三河・尾張における弥生文化の成立—水神平式土器の成立過程について— 39-  72
論 説 宮田道昭 清末における外国貿易品流通機構の一考察—ギルドの流通支配を中心として— 73-102
書 評 岡野 誠 島田正郎編『中国法制史料』第一輯(台北・鼎文書局,1979) 103-106
追 悼 松崎つね子 青山公亮先生を悼んで 107-108
第53号(1981年7月)
論 説 糸曽義夫 十七世紀イギリスにおける科学革命と「ピュリタニズム—科学説」 1-  60
論 説 藤田直晴 戦前日本における銀行網展開と地域再編成 61-  89
研究
ノート
武藤 滋 中期アッシリア,ウガリトにおける買戻し権をめぐる諸問題 90-104
書 評 和泉清司 煎本増夫著『幕藩体制成立史の研究』(雄山閣,1979) 105-112
書 評 寺内威太郎 旗田巍先生古稀記念会編『朝鮮歴史論集』上巻(龍溪書舎,1979) 113-122
書 評 門前博之 芳賀 登編『豪農古橋家の研究』(雄山閣,1979) 123-136
第54号(1981年12月)特集・水害の人文地理学
論 説 石井素介 災害論覚え書—社会地理学的視点からの一考察— 1-  27
論 説 千葉徳爾 宝永山噴火による降砂と酒匂川洪水 28-  52
論 説 山崎憲治 中川流域の水害と都市化地域における住民の対応形態 53-  94
論 説 横山秀司 水害常習地における水塚と土地利用景観—埼玉県北川辺町の場合— 95-119
資 料 原田敏治編 水害研究文献目録 120-144
第55号(1982年3月)
論 説 松田 孝 東京区部の工業の近年における変化 1-  22
論 説 遠山茂樹 12・3世紀イギリスにおける動産課税—地方徴税機構を中心とする研究序説— 23-  51
論 説 角谷定俊 秦における青銅工業の一考察—工官を中心に— 52-  86
論 説 高島緑雄 荏原郡の水利と摘田(一)—谷田地帯における中世水田へのアプローチ— 87-109
資料紹介 阪東 宏 ポーランド 1980年—ウッチの学生ストライキと政府との『協定』について— 110-120
資料紹介 安蒜政雄 中国の石器—中国科学院・中国社会科学院寄贈の複製標本について— 121-138
書 評 田中 充 木村礎著『近世の村』(教育社,1980) 139-146
書 評 石川日出志 杉原荘介著『栃木県出流原における弥生時代の再葬墓群』(明治大学文学部考古学研究室,1981) 146-148
追 悼 石井素介 大岩川和正教授の逝去を悼む 157-159
第56号(1982年10月)特集・村落景観の史的復原—下総猿島地方
巻頭言 木村 礎 特集にあたって 1-    4
論 説 木村 礎 『将門記』にみる集落と耕地 5-  20
論 説 原田信男 利根川中流河畔における村落景観復原の試み—下総国猿島郡若林村の中世と近世— 21-  50
論 説 和泉清司 近世初期関東における新田開発—伊奈氏の開発を中心に— 51-  80
論 説 吉田 優 村絵図からみた近世村落の史的復原—茨城県猿島郡五霞村の場合— 81-109
論 説 橋本直子 近世猿島台地の開発とその後の変容—下総国猿島郡浦向村を通して— 110-142
論 説 門前博之 下総国猿島郡山村における墓制と民間信仰 143-172
論 説 長命 豊 下総国飯沼新田における耕地と集落の形成について 173-204
論 説 高島緑雄 荏原郡の水利と摘田(二)-谷田地帯における中世水田へのアプローチ— 205-231
書 評 林 英夫 木村礎編『大原幽学とその周辺』(八木書店,1981) 232-238
第57号(1982年12月)
論 説 堀 敏一 漢代の七科たくとその起源 1-  27
論 説 田村 均 日立製作所傘下下請企業群の再編過程—日製茂原工場の生産合理化の過程に即して— 28-  70
研究動向 石原 渉 日本における水底遺跡研究と水中考古学 72-  97
書 評 神崎彰利 和泉清司編『伊奈忠次文書集成』(文献出版,1981) 98-105
第58号(1983年3月)
論 説 寺内威太郎 李氏朝鮮と清朝との辺市について(一)—会寧・慶源開市を中心として— 1-  24
論 説 米村 衛 北海道における先土器時代終末の様相 25-  45
資料紹介 福田榮次郎 山門領近江国富永荘史料—『近江・井口日吉神社文書」について— 46-  80
報 告 小林三郎 ペルー紀行 81-100
第59号(1983年9月)
論 説 山形万里子 尾張藩陶器専売制度と美濃焼物の流通—取締役西浦円治を中心に— 1-  34
論 説 寺内威太郎 李氏朝鮮と清朝との辺市について(二)—会寧・慶源開市を中心として— 35-  51
論 説 羽田博昭 友愛会の急進化過程における知識人排斥問題 52-  79
研究動向 木下賢一 19世紀パリ民衆の世界—ルイ・シュヴァリエの歴史人口学的研究を中心に— 80-100
書 評 後藤総一郎 原口清・海野福寿著『静岡県の百年』県民百年史 22(山川出版社,1982) 101-105
第60号(1984年2月)特集・日本細石器文化の研究 II
追 悼 大塚初重 杉原荘介教授のご逝去を悼む 1-    4
遺 稿 杉原荘介 先土器時代研究上の2,3の問題 5-  11
論 説 戸沢充則 日本先土器時代文化研究の道標—杉原荘介教授の業績とその学史的位置— 12-  37
論 説 加藤晋平 日本細石器文化の出現 38-  56
論 説 橘 昌信 日本細石器文化の地域性 57-  70
論 説 織笠 昭 細石器文化組成論 71-  93
論 説 辻本崇夫 細石器文化の遺構 94-117
論 説 米村 衛 日本細石器文化の終末 118-132
論 説 安蒜政雄 日本の細石器文化 133-159
研究
ノート
小杉 康 物質的事象としての搬出・搬入,模倣製作 160-172
文学部