Go Forward

「駿台史学」総目次(第91号〜第100号)

「駿台史学」総目次(第91号〜第100号)

第91号(1994年3月)
論 説 海野福寿 1905年「第二次日韓協約」 1-  32
論 説 高田幸男 近代中国地域社会と教育会—無錫教育会の役員構成分析を中心に— 35-  73
論 説 梅沢重昭 「毛野」形成期の地域相—前方後方墳及び周溝墓の分布を中心に— 76-129
書 評 中野隆生 ルイ・シュヴァリエ著(喜安朗,木下賢一,相良匡俊訳)『労働階級と危険な階級』(みすず書房,1993) 133-140
研究
ノート
長岡 顯 スペインにおけるSocial Economy (1)-(34)
第92号(1994年10月)
論 説 原田一良 高麗翼軍の成立—部隊単位「軍翼」への照明— 1-  31
論 説 梅沢重昭 毛野の周溝墓と前方後方形周溝墓 34-  79
書 評 塚本 学 原田信夫著『歴史のなかの米と肉—食物と天皇・差別』(平凡社,1993) 82-  89
書 評 寺内威太郎 神田信男著『満学五十年』(刀水書房,1992) 90-  94
論 説 富田矩正 第一次東ドイツ植民と北西スラヴ人諸侯 (1)-(31)
論 説 小川洋一 埼玉県の水需要と農業水利再編 (33)-(70)
文献目録 吉村武彦 日本古代の金石文に関する文献目録稿 (73)-(111)
第93号(1995年1月)特集 葬送の社会史—墓から何が見えるか—
巻頭言 松崎つね子 特集にあたって 1-    2
論 説 松崎つね子 墓葬より見た中国古代社会—新石器から前漢武帝まで— 3-  25
論 説 馬場恵二 古代ギリシアの戦没者国葬と私人墓 28-  99
論 説 小杉 康 縄文時代後半期における大規模配石記念物の成立—「葬墓祭制」の構造と機能— 101-148
論 説 門前博之 日本近世における葬制—下総国猿島郡山・沓掛両村にみる— 150-181
論 説 千葉德爾 両墓制の時空間的展開 183-194
第94号(1995年3月)
論 説 堀 敏一 可馬遷の歴史思想 1-  22
論 説 安井教浩 ローマン・ドモフスキにおける民族と国家 24-  56
論 説 小杉 康 土器型式と土器様式 58-129
研究
ノート
山田 朗 日本の敗戦と大本営命令 132-167
書 評 布山和男 堀 敏一著『中国と古代東アジア世界—中華的世界と諸民族—』(岩波書店,1993) 169-174
論 説 古賀正則 インドの環境政策 (1)-(26)
第95号(1995年10月)
論 説 鎌倉佐保 伊勢神宮の神郡支配の構造と特質—平安末期の神三郡を中心として— 1-  31
論 説 石黒ひさ子 曾侯乙墓出土竹簡についての一考察 34-  64
論 説 新井 悟 だ龍鏡の編年と原鏡の同定 67-102
研究
ノート
東海林隆夫 東京都小平市・東久留米市付近における地形改変の推定—新・旧版の1万分の1地形図を利用した研究例— (1)-(25)
書 評 横山啓一 栗原優著『第二次世界大戦の勃発』(名古屋大学出版会,1994)永岑三千輝著『ドイツ第三帝国のソ連占領政策と民衆1941-1942』(同文館出版,1994) (28)- (52)
第96号(1996年1月)特集 朝鮮前近代の対外関係と対外認識
論 説 林 泉 高句麗における仏教受容と平壌—肖門・伊弗蘭寺の位置をめぐって— 1-  24
論 説 布山和男 新羅文武王五年の会盟にみる新羅・唐関係 27-  59
論 説 寺内威太郎 十七世紀前半の朝中関係の一齣—第二次瀋獄を中心に— 61-  81
論 説 文 純実 十八世紀朝鮮における対外意識の変化について—特に華夷観を中心に— 83-114
論 説 三好千春 燕行使のロシア認識 117-144
書 評 小川原宏幸 海野 福寿編『日韓協約と韓国併合—朝鮮植民地支配の合法性を問う』(明石書店,1995) 147-155
第97号(1996年3月)
論 説 長沼秀明 寺島外交と法権回復問題 1-  27
論 説 氣賀澤保規 唐法門寺咸通十四年(八七三)舎利供養をめぐる一考察—あわせて法門寺「真身誌文」碑の検討 29-  79
研究
ノート
高島緑雄
小国浩寿
葛生雄二
元亨四年「薩摩国日置北郷下地中分絵図」の現地調査—中分線・地頭所・領家政所・寺薗・下司薗— 82-115
書 評 高田馨里 河村哲司著『パックス・アメリカーナの形成—アメリカ「戦時経済システム」の分析』(東洋経済新報社,1995) 116-123
論 説 須賀博子 縄文士器における精製・粗製深鉢成立過程の地域差と共通性—縄文時代後期前半の関東南部を中心に— (1)- (52)
論 説 川口太郎 都市住民の日常生活空間—外出活動の基本特性と平日の生活活動— (54)-(86)
学会動向 林 義勝 アメリカ外交史学界の最近の動向 (88)-(100)
第98号(1996年9月)
論 説 平野 満 天保期の本草研究会「赭鞭会」—前史と成立事情および活動の実態— 1-  45
論 説 松岡 弘 北魏漢化政策の一考察 —皇太子恂の反乱— 49-  80
論 説 青山治郎 明代正徳朝の京営について—特に所謂東西官庁軍の実態について— 83-118
論 説 秋山千恵 第一次世界大戦前ドイツの技術中等教育をめぐる諸問題 (1)-(44)
論 説 島田和高 移動生活のなかの石器作りの営み—砂川型刃器技法の再検討— (47)-(74)
研究
ノート
中野守久
増渕和夫
杉原重夫
武蔵野台地東部(本郷台)における石神井川の流路変遷 (77)-(93)
研究
ノート
坂本かおり 東京都保谷市「新川窪地」の成因に関する考察 (95)-(106)
第99号(1996年12月)西洋史特集 同化とアイデンティティ
論 説 阪東 宏 ロシアとポーランドの学生運動をめぐるポーランド社会主義者の論争—1890年代— (1)-(41)
論 説 三宅 立 ドイツ帝国海軍士官ハンス・パーシェのアフリカ体験 (45)-(69)
論 説 大川勝康 ドイツを愛したユダヤ人—ユダヤ教徒ドイツ国民中央協会のシオニストに対する態度に関する一考察— (71)-(103)
論 説 古山夕城 タソスのアテナイびいき (105)-(136)
論 説 那須千鶴 移民のエスニシティとアメリカ社会—アンジア・イージアスカの文化的多元主義への模索— (139)-(170)
第100号(1997年3月)100号記念号
駿台史学会の歩み 木村 礎 草創期の駿台史学会 1-    5
駿台史学会の歩み 高島緑雄 『駿台史学』と日本史学専攻 6-  11
駿台史学会の歩み 神田信夫 『駿台史学』の創刊された頃 12-  17
駿台史学会の歩み 堀 敏一 思い出すこと、思いつくことなど 18-  22
駿台史学会の歩み 斎藤絅子 駿台史学会の「自己点検」 23-  29
駿台史学会の歩み 大塚初重 考古学専攻の歩み 30-  38
駿台史学会の歩み 石井素介 《駿台地理学》の学風形成期を想う—岡山俊雄・渡辺操両先生のことなど— 39-  48
研究
ノート
海野福寿 朝鮮測図事業と朝鮮民衆 49-  81
論 説 永田雄三 後期オスマン帝国の徴税請負制に関する若干の考察
—地方名士の権力基盤としての側面を中心に—
(75)-(108)
論 説 佐藤清隆 近世イングランド都市の居酒屋政策—レスター市の場合— (111)-(144)
論 説 安蒜政雄 旧石器時代の集団—南関東の移動生業集団と石器製作者集団— (147)-(171)
論 説 川口太郎 移動経歴からみた郊外住民の多様性—埼玉県越谷市における高齢者を事例として— (173)-(209)
文学部