Go Forward

「駿台史学」総目次(第81号〜第90号)

「駿台史学」総目次(第81号〜第90号)

第81号(1991年2月)西洋史特集号
論 説 林 義勝 ウィスキーの反乱とワシントン政権—ペンシルヴェニア西部農民の蒸留酒課税反対闘争— 1-  39
論 説 斎藤絅子 一三~一四世紀リエージュのぶどう酒商業 40-  70
論 説 三宅 立 第一次世界大戦前のハンブルク労働者の世界(上)—「規律化」・「労働者文化」と労働運動— 71-  95
論 説 阪東 宏 ポーランド労働者階級の形成—地域・数および民族構成— 96-144
論 説 佐藤清隆 エリザベス朝・初期スチュアート朝イングランドの居酒屋政策—王権の行政活動の検討を中心に— 145-175
論 説 木下賢一 第二帝政期パリの労働運動と民衆運動—統計的研究の試み— 176-190
論 説 馬場恵ニ スキステ街道(Schistê Hodos )—オイディプウス伝説と中部ギリシア内陸・湾岸交通路— 191-211
論 説 鈴木徳郎 国有ガレー商船の放棄—ヴェネツィア近世史の一側面— 212-227
第82号(1991年3月)
論 説 松崎つね子 戦国楚の木俑と鎮墓獣について 1-  23
論 説 阪東 宏 ポーランド労働者階級の形成—地域・数および民族構成—(続) 24-  71
論 説 三宅 立 第一次世界大戦前のハンブルク労働者の世界(下)—「規律化」・「労働者文化」と労働運動— 72-104
論 説 黒沢 浩 弥生時代における祭祀の重層性とその系譜—とくに近畿地方を中心として— 105-130
研究
ノート
長岡顯
松永登喜子
スペイン北西部ガリシア地方の農業事情 131-159
史料紹介 平野 満 本草学史史料二種—『本草家番附』と岩崎灌園伝記史料— 160-184
書 評 長谷川誠夫 中嶋 敏著 『東洋史学論集—宋代史研究とその周辺』第一部「貨幣と銅鉱業」を中心として(汲古書院,1988) 185-192
第83号(1991年10月)
論 説 太田浩司 湖北における奉公衆の動向—佐々木大原氏を中心として— 1-  44
書 評 中島広顕 新野直吉・船木義勝著 『払田柵の研究』(文献出版,1990) 45-  49
書 評 関 和彦 瀧音能之編『律令国家の展開過程』(名著出版,1991) 50-  55
論 説 梅本 亨 低気圧の気候学的研究における空間スケールの問題点—オホーツク海周辺域の低気圧活動を例として— (1)-(25)
論 説 木下賢一 第二帝政期パリの労働運動と民衆運動(続)—資料:人名リスト— (26)-(66)
第84号(1992年2月)特集・北関東における弥生文化
論 説 熊野正也 北関東地方西部弥生時代の山高地遺跡と石器 1-  15
論 説 若狭 徹 北西関東における弥生土器の成立と展開 16-  61
論 説 平野進一 北関東の弥生時代周溝墓について 62-  84
論 説 青木和明 北関東弥生文化の特質—中部高地との比較から—(土器様式構造からみた中部高地と北関東) 85-109
第85号(1992年3月)
論 説 栗林史子 法華八講に関する二,三の問題—『御堂関白記』を中心に— 1-  28
論 説 寺内威太郎 柵門後市管見—初期の実態を中心に— 29-  43
論 説 小杉 康 考古学用語小考(先土器・縄文-遺物編)—亀形土製品は亀なのか— 44-100
報 告 林 義勝 アメリカ人の戦争観—湾岸戦争で考えたこと— 101-110
論 説 保坂高殿 小プリーニウス『キリスト教書簡』(Ep.x,96)の理解のために (1)-(26)
論 説 加藤 哲
杉原重夫
上総層群梅ケ瀬層の古地磁気層序
—とくに鮮新世と更新世の境界問題に関連して—
(27)-(68)
第86号(1992年10月)
論 説 中村英重 古代における氏の形態と構造 1-  39
論 説 寺内威太郎 団練使小考—李氏朝鮮の貢物輸送をめぐって— 40-  53
論 説 横山啓一 ドイツ陸軍再軍備1934—陸軍兵器局のヴィジョンとその作用— 54-100
論 説 安蒜政雄 砂川遺跡における遺跡の形成過程と石器製作の作業体系 101-128
書 評 福岡猛志 根本誠二著『奈良仏教と行基伝承の展開』(雄山閣出版,1991) 129-138
書 評 富田矩正 斎藤絅子著『西欧中世慣習法文書の研究—「自由と自治」をめぐる都市と農村—』(九州大学出版会,1992) 139-149
第87号(1993年1月)地理学特集号
論 説 ISHII,Motosuke Significance of Paddy Farming and Floodplain Land Use for the Environmental Adaptation and Destruction in Japan (1)-(17)
論 説 藤田直晴 「東京問題」への経済地理学的視角 (19)-(42)
論 説 千葉徳爾 地理学史の一課題 (44)-(65)
論 説 由井将雄 愛鷹火山の地形発達史 特異なテクトニクス場に位置する火山の成長 (67)-(92)
論 説 長谷川裕彦 北アルプス南西部,秩父周辺の氷河地形発達史 (94)-(113)
論 説 小疇 尚
岡崎修一
下川和夫
高橋伸幸
チョモランマ東面の氷河地形 (115)-(138)
第88号(1993年3月)
論 説 渡辺隆喜 大久保政権成立期の「府県会」 1-  35
論 説 林 泉 五・六世紀新羅における山城築城について—三年山城の城壁構造を中心に— 36-  71
論 説 遠山茂樹 中世イングランドにおける御料(フォレ)林(スト)制度(システム)—国制史的観点よりみたその特質に関する二,三の考察— 72-106
論 説 三上徹也 縄文時代居住システムの一様相—中部・関東地方の中期を中心として— 107-150
書 評 岩田拓郎 パウサニアス著・馬場恵二訳『ギリシア案内記』(上)・(下)(岩波書店,1991-1992) 151-157
研究
ノート
杉原重夫
増渕和夫
田原 豊
叶内敦子
八丈島・八重根で発見された泥炭層の14C年代と古環境 (1)-(24)
研究
ノート
松橋公拾
富樫幸一
工業生産活動の地理情報システム化の試み (25)-(52)
第89号(1993年10月)
論 説 平野 満 馬場佐十郎のロシア語書簡和解—ゴロヴニンヘ就学以前— 1-  32
論 説 山根幸夫 「満州」建国大学再考 35-  54
論 説 古山夕城 ギリシア古代における塔建築と塔(pyrgos)をとりまく田園社会—アッティカ・メガリス・キクラデス諸島を中心にして— 57-119
論 説 黒沢 浩 宮ノ台式士器の成立—東海地方の櫛描文士器群の動向から— (1)-(28)
論 説 梅本 亭 風食微地形から推定したスピッツベルゲン島中央部アドベントダーレンにおける冬季の卓越風向 (31)-(56)
第90号(1994年1月)特集・村と地域と人々
論 説 木村 礎 集落移動の話 1-  38
論 説 高島緑雄 橘樹郡の水利と摘田—谷田地帯における中世水田へのアプローチ— 40-  73
論 説 神崎彰利 後北条氏遺臣小考 76-  97
論 説 門前博之 近世村落における集落と耕地—寛文元年六月「下総国猿島郡沓掛村御水帳写」にみる— 100-148
論 説 平野 満 村における医師の存在形態—近世後期の鳥取藩領を例として— 150-181
論 説 藤田昭造 大原幽学の教化活動と性学組織 184-212
論 説 渡辺隆喜 地方官会議と地方民会 214-252
論 説 鈴木秀幸 村の中の歌人—朝日商豆について— 254-294
文学部