Go Forward

タカハシ カズキ TAKAHASHI Kazuki
職格 教授
学位 博士(文学)
最終学歴 大阪市立大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
研究業績等 教員データベース
専攻分野(研究分野) 日本中世史・史料学
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  ○

研究テーマ

日本中世の統治システムである荘園制の成立から展開の過程について、支配階層と地域社会との双方の視点から追究している。その方法論として、新たな中世文書論の構築にも取り組む。

キーワード

荘園,幕府,史料論

主な大学院担当科目

日本史学研究(演習),日本史学研究(講義)

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

私たちの生活の場である日本列島をおもなフィールドとしながら、現代社会を相対的に見つめ直し、より深く未来を考えるために不可欠な過去の探求、歴史研究への門を、明治大学文学部の日本史学専攻でぜひ叩いてみませんか。

主な著書・論文

『中世荘園制と鎌倉幕府』塙書房,2004年.
「荘園制の変質と公武権力」『歴史学研究』794号,2004年.
『東国武士団と鎌倉幕府』吉川弘文館,2013年.
『中世武士と土器』(共編著),高志書院,2016年.
『十四世紀の歴史学』(共著),高志書院,2016年.
『中世地下文書の世界』(共著),勉誠出版,2017年.
『戦国期文書論』(共著),高志書院,2019年.

明治大学大学院