会計学科必修科目・専門科目 授業レポート

法人税法 水野 忠恒 教授

租税と生活



みなさんは、高校の政治経済で学んだように、大学では、租税法として専門的に学びます。特に、法人税は、会計との関連性があり、会社の帳簿書類など、経理を前提に納税申告することになります。これは、企業活動の結果を明らかにするものですが、企業が活動を決定する段階でも租税法は重要な判断要素になります。企業の収益や費用の金額に影響を及ぼすからです。例として、企業の合併については、資産の移動があるため、含み損益を生ずるのです。このような企業合併にどのように課税するかということは、企業の合併に大きな影響を及ぼすものなのです。租税法がみなさんの生活にかかわることを認識してください。

管理会計総論 大槻 晴海 准教授

会社をマネジメントする仕組みを学ぶ



経営学の理論はもちろん、経営者の熱意、哲学、経験や勘だけで会社を存続・発展させていくのは不可能です。経営環境を分析し、戦略や計画を立てて実行し、業績を評価して改善につなげるといったマネジメント・プロセスを実際に回すには、経営者や管理者、さらには従業員がそのプロセスで果たす任務の遂行を支援する実用的な仕組みが必要です。授業では、そのような仕組みとしての管理会計を理論的かつ実践的に学びます。

経営分析論 森 久 教授

会社を判断する力を養成する



財務諸表は、高校の成績表のようなものです。成績表にはひとつの学期の成果が表され、どの教科が得意で、努力すべきことは何かが示されています。同様に、財務諸表を見ればその会社の様子もわかります。そのため財務諸表は、経営者や管理者ばかりでなく株主や投資家、債権者、取引先など多くの人にとって役立つものなのです。授業では、自分で会社を判断する力を養います。

マネジメント・コントロール 鈴木 研一 教授

戦略実行に人を動機づける



マネジメント・コントロールとは、会計情報・非会計情報を用いて、組織メンバーに戦略の意図を伝え、メンバー同士のコミュニケーションをとおして、それぞれが何をすべきかを決め、戦略の目指す方向に協働することを動機づけるプロセスです。講義では、事例を踏まえてこのプロセスを学びます。

国際財務報告論 

平屋 伸洋 専任講師



グローバリゼーションのさらなる発展は企業の取引をますます活発にしています。このような背景から、世界共通の会計ルールである国際財務報告基準(IFRS)を作成し、世界中で利用可能な共通の“モノサシ”で企業の実態を把握する仕組みづくりが現在進行しています。国際財務報告論では、グローバル経済のなかでIFRSが果たす役割や今後の課題について学びます。

監査論 小俣 光文 教授

経営行動をチェックできる力を養成する



東芝のような企業不祥事はなぜ起こるのでしょうか? 株式会社は投資家に対して、会社の成績表ともいえる財務諸表という形で経営の結果を報告します。経営者は成績をよく見せるために不正を行う可能性があるため、会社の財務諸表にいわば「お墨付き」を与えるのが監査の役割です。監査論では、監査という行為が経済社会で果たしている役割について学びます。

NPO会計論 石津 寿惠 教授



我が明治大学も、向かいにある某病院も、被災地支援で活躍したあの団体も…皆さんの周りには非営利組織(NPO)がたくさんあります。非営利だから「お金」のことなど考えなくていいの?勿論そんなことはありません。よりよい活動を継続的に行っていため、社会へのアカウンタビリティを果たしていくため、NPOには「会計」が不可欠です。ただその会計は通常の企業会計とは異なる部分が多くあります。本講義では、理論のみならず、身近なNPOを取り上げてその会計を多角的に理解できるようにします。

国際会計論 大倉 学 教授



企業や組織は、一定のルールに則って会計情報を作成し、公表しています。
21世紀に入ってから、このルールを国際的に標準化しようという動きが激しくなってきました。
国際会計論ではこのような動きを見据えて、その意義や具体的内容を考究していきます。