大学院授業の履修

 経営学部3 年次以上の学生は、所定の条件を満たしていれば、大学院経営学研究科の科目を16単位を上限として履修することができます。少人数で深い学習ができるとともに、大学院進学の際には、その単位を修了要件に含めることができます。3 年早期卒業制度とあわせることで、学士+ 修士学位の取得が5 年で可能となります。
 また、大学院経営学研究科において英語で行われる授業は、大学院経営学研究科と経営学部の共同設置科目となっており、経営学部の科目として履修し修得した単位は、経営学部の卒業要件単位に算入されます。
 さらに、所定の要件を満たしていれば、専門職大学院会計専門職研究科および専門職大学院ガバナンス研究科の科目をそれぞれ10単位を上限として履修することもできます。同研究科進学の際には、その単位を修了要件に含めることができます(経営学部の単位にはなりません)。