Go Forward

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
ジェンダーセンターNEWS〈第44号〉 (2018.5.30)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       
若葉の緑も次第に色濃くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
近日開催のイベントを1件、ご案内いたします。どうぞお気軽にお越しください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

舞台映像『幸福な職場』上映会・講演会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターでは、舞台映像『幸福な職場』の上映会を開催いたします。DVD上映後、この作品の制作・演出である、きたむらけんじ氏による講演もあります。
映像を通して、わたしたちは障害者雇用を軸に、優生保護法の適用対象となった障害者の恋愛・結婚をめぐる問題や、障害者の保護者をはじめ、彼らを取り巻く様々な状況、さらには障害者自身にとっての「働くこと」の意義といった多彩な問題をとりあげつつ、ジェンダーやダイバーシティの観点から、社会において「障害」とは何か、「働くこと」とは何かを総合的に考えます。

※申込不要・入場無料

【日時】2018年6月22日(金)17:20-20:20(開場 17:00)
*映画上映(120分)後、きたむらけんじ氏による講演あり。
【会場】明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール
【主催】明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター
【後援】学生相談室
【概要】高度成長期に向かう昭和30年代の日本。とある町工場で知的障害のある少女の職業体験を受け入れることになり、やがて従業員や経営者の内面には変化がもたらされる。彼らの交流は「障害」や「差別」、「働くこと」の意味を問いかけてくる。その後、会社は少女を従業員として採用し、日本の障害者雇用のさきがけとなった。2009年初演。2017年1月の舞台(世田谷パブリックシアター)の映像化作品。

★イベント詳細
当センターHPをご覧ください。
http://www.meiji.ac.jp/infocom/gender/info/6t5h7p00000rpx06.html

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●