Go Forward

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
ジェンダーセンターNEWS〈第45号〉 (2018.6.11)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       
紫陽花がきれいな季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。ジェンダーセンターでは、先日お知らせした舞台映像『幸福な職場』上映会・講演会の他に、今月はさらにもう1件、イベントを開催する運びとなりました。ふるってご参加ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

映画『カランコエの花』特別上映会・トークイベント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターでは、一般社団法人fairと共に、7月14日(土)から新宿K’sシネマにて公開予定の映画「カランコエの花」の特別上映会を実施します。また上映後は「周囲にできること」をテーマに、本作の中川監督とLGBTの当事者、本学教員ら4名によるトークイベントも行います。ぜひご来場ください。

※要事前申込・入場無料

【日時】2018年6月27日(水) 19:00-21:00(開場18:30)
【会場】明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール 
【主催】明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター、一般社団法人fair
【後援】明治大学学生相談室
【その他】要事前申込、入場無料

【概要】
●映画『カランコエの花』について
昨年の東京レインボーリール映画祭(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)グランプリ受賞をはじめ、多数の賞を受賞している本作は(グランプリ6冠、計11冠)、LGBTを取り巻く課題を「周囲の人々」の視点から描いています。40分の短編映画でありながら、高校生のリアルな心の葛藤を描き、LGBT当事者への向き合い方、社会のあり方について考えさせる作品となっています。

〜〜〜あらすじ〜〜〜
「とある高校2年生のクラス。ある日唐突に『LGBTについて』の授業が行われた。しかし他のクラスではその授業は行われておらず、生徒たちに疑念が生じる。『うちのクラスに LGBTの人がいるんじゃないか?』生徒らの日常に波紋が広がっていき…思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは…?」

●トークイベントについて
トークイベントでは、本作を監督した中川駿氏、LGBTの子ども・若者を支援するNPO法人ReBit事務局マネージャーで、元高校教員、さらにバイセクシュアルであることをオープンにしている池田えり子氏、明治大学情報コミュニケーション准教授の田中洋美氏、一般社団法人fair代表理事でゲイの当事者でもある松岡宗嗣氏の4名で「周囲にできること」をテーマにお話します。参加者より監督への質問や、トークテーマについての意見も受け付ける予定です。

【登壇者】
中川駿氏(本作品監督)
池田えり子氏(特定非営利活動法人ReBit事務局マネージャー/元高校教員)
田中洋美氏(明治大学情報コミュニケーション学部准教授)
松岡宗嗣氏(一般社団法人fair代表理事)

★事前申込の方法
下記にあるURLからお申し込みください。
URL: https://www.kokuchpro.com/event/karankoe_no_hana/

★イベント詳細
当センターHPをご覧ください。
http://www.meiji.ac.jp/infocom/gender/info/6t5h7p00000rtyfb.html

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●