Go Forward

ジェンダーセンター

2013年度第1回定例研究会「人の移動・身体・ジェンダー ~トランスナショナルな卵子提供のフェミニスト分析」開催のお知らせ

開催期間:2013年05月21日
明治大学 情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター

 情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターでは、2013年度第1回研究会を以下のとおり開催いたします。事前申し込みは不要です。ご自由にご参加ください。

【テーマ】「人の移動・身体・ジェンダー ~トランスナショナルな卵子提供のフェミニスト分析」
【発表者】 シャルロッテ・ クロレッケ氏(南デンマーク大学文化学部准教授)
【日時】 5月21日(火)17:30~(17:10開場)
【会場】 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー9階(1094教室)  
【概要】
 近年、出産のために国境を越えて人が移動するという現象が世界各地で起きている。匿名の者による精子提供を受けるため、イタリア、スウェーデン、ノルウェーからデンマークを訪れる人々がいる。同時に、デンマークからは、卵子提供を受けるためにスペインやチェコへ、あるいは代理母出産のためにウクライナやインドへ向かう人々がいる。デンマーク国内で卵子提供を受ける場合、長い待機リストに名前を連ねる必要があり、また年齢制限が設けられていることも、国外にその可能性を求める動きにつながっている。発表ではまず、卵子提供に関する法的・倫理的枠組みが異なるデンマークとスペインの両国に焦点を当て、両国の法的・倫理的枠組みを概観する。ここでは、デンマークにおいては、利他主義とジェンダー平等が混じり合った状況が見られること、一方スペインでは、母になる権利と利他主義に関する言説が優勢であることを示す。次に、アメリカで作られた映画『eggsploitation』を取り上げ、同映画において卵子提供に関する倫理をめぐりどのような言説が構築されているのかを考察する。そしてさらに、スペインにおける卵子提供市場における利他主義的実践を検討し、そこで倫理というものがいかに管理され、交渉されているのかを論じる。

★参加費無料・予約不要です。
★研究会の詳細は こちらをご覧ください

情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター

Meiji University School of Information and Communication (infocom)
Gender Center Seminar Series 2013, #1

Ethics on Eggs: Feminist Analyses of Transnational Egg Donation

Charlotte Kroløkke, Ph.D., University of Southern Denmark

Date: Tuesday, May 21, 2013
Time: open at 17:10, start at 17:30
Venue: Meiji University, Surugadai Campus, Liberty Tower 9F, Room 1094
No registration necessary. Lecture in English.

Abstract:
Fertility travel is a global and emergent topic. While Italians, Swedes, and Norwegians travel to Denmark for anonymous sperm donation, Danes travel to Spain or the Czech Republic for egg donation, yet others go to the Ukraine or India for transnational surrogacy. In the case of egg donation, long waiting lists and age restrictions are prime motivations for infertile women to leave Denmark and travel internationally. In contrast to the Danish legal and ethical frameworks, a liberal political framework enables Spanish clinics to offer egg donors higher compensation rates and to offer intended parents phenotype matching and cutting-edge reproductive technology including high pregnancy success rates. In the presentation, I first juxtapose and present the Danish and Spanish legal and ethical frameworks. In Denmark altruism mixes with gender equality. Meanwhile, discourses on the right to mother and altruism are dominant in the Spanish legal and ethical setting. I, then, examine how ethics on egg donation is discursively and affectively constructed in the U.S. produced movie eggsploitation and I contrast this with the ways in which ethics is managed and negotiated by couples travelling transnationally for egg donation, by the clinical staff in one Spanish fertility clinic, as well as in the marketing of egg donation in Spain as an altruistic practice.

Speaker's Bio:
Charlotte Kroløkke is Associate Professor in Gender and Cultural Studies at the University of Southern Denmark, Odense, Denmark. Kroløkke's research interests are in new reproductive technologies and feminist communication studies. She is currently working on the transnational flow and migration of bodies and biogenetic material with a particular research interest in egg donation in Spain and surrogacy in India. Charlotte has published various articles on fertility travel, egg donation, and surrogacy. She is head of the collective research project (Trans)formations of kinship: Travelling in search of relatedness (KinTra). For further information on this project:
http://www.sdu.dk/en/Om_SDU/Institutter_centre/Ikv/Forskning/Forskningsprojekter/KinTra

Gender Center, School of Information and Communication (Japanese website)