Go Forward

ジェンダーセンター

2013年度第3回定例研究会「ジェンダー間の機会平等へのあらたな道程 —男女平等は世紀の課題!」開催のお知らせ

開催期間:2013年10月16日
明治大学 情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター

 情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターでは、2013年度第3回研究会を以下のとおり開催いたします。事前申し込みは不要です。ご自由にご参加ください。

【テーマ】「ジェンダー間の機会平等へのあらたな道程 —男女平等は世紀の課題!」
      “Neue Wege-Gleiche Chancen: Gleichstellung bleibt Jahrhundertaufgabe !”
【発表者】 ウタ・マイヤー=グレーヴェ先生(Prof. Dr. Uta Meier-Graeve)
      (ドイツ・ギーセン大学教授)
【日時】 10月16日(水)18:00~(17:40開場)
【会場】 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー13階(1136教室)  
【概要】
 ドイツにおいて個人が使える時間あるいは時間の使い方は、いまだにジェンダーによって非常に強く規定されており、長期的にみると、女性の生涯賃金と老齢年金に不利な結果をもたらしている。こうした中で、2011年に完成したドイツ連邦共和国の第1男女平等報告書では、男女両性の生計確保と育児・介護・ケア労働への従事、家事や家族支援サービス拡充の促進、女性の就業状況の改善が強く推奨されることになった。研究会では、この第1男女平等報告書のコンセプトと内容を紹介し、ジェンダー間の機会平等へのあらたな道程を考えていく。

★発表はドイツ語と英語で行われます。 日本語通訳:姫岡とし子氏(東京大学教授)
★参加費無料・予約不要です。
★研究会の詳細は こちらをご覧ください

情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター