Go Forward

機械情報工学科

相澤 哲哉 教授

相澤 哲哉 教授

環境情報研究室

環境情報

レーザー、分光、画像計測等の最先端光計測技術を燃焼プロセス等現象解明・制御に応用し、環境及びエネルギー問題の克服に貢献します。

阿部 直人 教授

阿部 直人 教授

システム制御研究室

制御工学

信号伝達などに遅れがある「むだ時間系」の制御問題、「構造物のアクティブ振動制御」のためのロバスト制御理論と対象物の数式化(システム同定)の実験など、対象物の制御問題を理論的、実験的に研究しています。

石原 康利 教授

石原 康利 教授

計測工学研究室

計測システム

医用画像診断装置のように、観測対象を傷つけることなく物体内部の情報を計測し画像化するシステムの研究・開発を行っています。

市原 裕之 教授

市原 裕之 教授

制御工学研究室

動的システム設計

動きのある機械に対するフィードバック制御の設計法を研究します。とくに、数値計算や計算機代数を利用した系統的な設計法に注目しています。

井上 全人 教授

井上 全人 教授

設計システム研究室

設計システム

日本の優れたモノづくりを支えるために,設計者の意思決定を支援する国際的にも通用する設計システムの構築を目指しています。

小澤 隆太 教授

小澤 隆太 教授

マニピュレーション研究室

ロボティクス

ロボットは開かれた環境の中で様々な作業を行うことが期待されています。そのために必要となるロボットのための機構設計と制御の方法を研究しています。

川南 剛 教授

川南 剛 教授

エネルギーシステム研究室

熱工学

フロンガスを用いない次世代のヒートポンプシステムや、機能性熱媒体を用いた蓄熱技術など、エネルギーの有効利用のためのデバイスやシステムに関する研究を行っています。

舘野 寿丈 教授

舘野 寿丈 教授

設計工学研究室

デジタル技術による開発・設計

3Dプリンターとして知られるアディティブマニュファクチャリングの特徴を活かした機械製品の設計法について研究を行っています。従来に見られない革新的な製品開発を目指します。

松岡 太一 教授

松岡 太一 教授

機械力学研究室

機械力学

地震による機械・構造物の揺れを防ぐためのダンパや免震・制振装置,および鉄道架線の振動低減のための技術を開発し実用化を目指します。

有川 秀一 准教授

有川 秀一 准教授

材料システム研究室

材料科学・材料力学

材料の強さや柔軟性およびその物理・化学的性質等マクロな特性と,原子や結晶等からなるミクロな構造との関係を解明し,高性能材料開発やレーザ計測をあわせた非破壊検査法の開発を目指します。

橋本 健二 准教授

橋本 健二 准教授

知能ロボティクス研究室

ロボット工学

脚型や車輪型の移動ロボットを対象とし、そのロボットの開発や環境認識、軌道計画、ロボットの運動生成、各種センサ情報を利用した制御器設計などの研究課題に取り組み、超人・超生物的な能力を持つロボットの実現を目指します。

亀谷 幸憲 専任講師

亀谷 幸憲 専任講師

流体デザイン研究室

流体デザイン

現代社会には流体を利用した機械が多くあり、生活を豊かにする一方で環境負荷の要因となっています。数値解析・実験・理論を用いた複雑輸送現象の解明、流れの制御及び形状最適化を通して環境に優しい流れ場のデザインを目指します。

田中 純夫 専任講師

田中 純夫 専任講師

固体力学研究室

材料力学

“固体はどのような場合に壊れるのでしょうか?”この素朴な疑問は21世紀の現在でも完全には解明されていません。この疑問を計算と実験の両面から検討し、その成果を“壊れにくい機械”の設計に役立てる研究をしています。

永井 義満 専任講師

永井 義満 専任講師

情報統計学研究室

情報統計学 

故障原因が不明な場合を含む寿命データを用いて,使用環境の効果を考慮した競合リスクモデルに関する研究に取組んでいます。

新山 龍馬 専任講師

新山 龍馬 専任講師

複雑ロボットシステム研究室

ソフトロボティクス、機械学習、生物規範ロボット、遠隔アバター

コンピュータによるロボットの自動設計や製作、ネットワークを介したロボットの遠隔操作が一般的になる未来を見すえて、柔軟材料を使ったやわらかいロボットを題材に、シミュレーションや機械学習を活用したロボット学を開拓します。

青谷 拓海 助教

青谷 拓海 助教

自律ロボットのための機械学習、最適制御およびシステム設計

複雑かつ不確かな環境の中でロボットが自ら動作を学習しうまく機能するための、機械学習、最適制御およびシステム設計について研究しています。ソフトウェアとハードウェアの両面から、実世界で活躍する賢いロボットの実現を目指します。
理工学部