Go Forward

理工学部

理工学部小野教授がロータス社のイギリス本社を訪ねケンブリッジ大学等の先生と技術アドバイスを行いました

2011年12月19日
明治大学 理工学部

 プロトン社(マレーシア国産自動車メーカ:会長 マハテール前首相)の第3回技術アドバイザー会議がイギリス ロータス本社(スポーツ車自動車メーカ)にて行われました。今回の開催はロータス社がプロトン社に買収されその配下に入ったことによります。
 小野治教授はプロトン社の技術アドバイザー顧問を担当しており、ケンブリッジ大学などの教授とともに次世代技術に関するアドバイスを行いました。技術アドバイザー評議会メンバーはプロトン社ダト ザイド ザイナル アビディン社長、マレーシア工科大学 ザイニ ウジャン学長、ケンブリッジ大学 ニック コリング教授、王立工科大学 リカルド ボタス教授、明治大学 小野教授の5名で構成されています。
 ロータス本社からはダニーバールCEO社長による会社概要説明があり、さらにマークジェイムズ技術担当所長(前フェラーリ社技術担当所長)によるロータス社先進技術の説明がなされました。その後、ドナト ココ デザイナー副CEO( 前フェラーリ社主任デザイナー)による新車デザインについての説明があり、メンバーによる社内見学が行われました。
 会議は2日間に渡って開催され、パワートレイン、グリーンテクノロジー、e-モビリティ、先端技術など多くの技術課題について鋭意議論が行われました。今後にこれらの成果はプロトン社取締役会議において報告され、社内公式文書として提出される予定です。

関連サイト→ こちら

Proton Tech Advisory Counci (PTAC)l: From left Azman, Ono (Meiji), Tajul, Ricardo (Imperial College)Proton Tech Advisory Counci (PTAC)l: From left Azman, Ono (Meiji), Tajul, Ricardo (Imperial College)

理工学部