Go Forward

理工学部

【理工学研究科応用化学専攻】博士後期課程2年・谷智弘さんが筆頭著者となった論文が国際学術雑誌 Adv. Synth. Catal. (impact factor = 5.123),2019 年 第 8 版の表紙絵を飾りました

2019年05月15日
明治大学 理工学部事務室

精密有機反応制御研究室(土本晃久専任教授主催)に在籍中の理工学研究科・応用化学専攻・博士後期課程2年・谷智弘さんが筆頭著者となった論文が国際学術雑誌 Adv. Synth. Catal. (impact factor = 5.123),2019 年 第 8 版の表紙絵を飾りました。

 
研究内容と説明:これまで直接には活性化,活用されたことがなかった炭素ーB(dan) 結合をパラジウム触媒存在下に活性化し,B(dan) 基を様々な炭素骨格に変換できることを世界で初めて明らかにしました(前記 dan は,1,8-diaminonaphthyl(1,8-ジアミノナフチル)の略語です)。表紙絵は,その様子を画像にしたものであり,該当論文は,その研究成果を中心にまとめたものです。

 
土本研ホームページ: http://www.isc.meiji.ac.jp/~tsuchi/
理工学部