Go Forward

夏休み科学教室 プログラム

テーマ名 募集学年 募集人数 担当学科
A モーターをつくろう 小3
~小6
24名 電気電子生命学科
B 太陽電池で動くラジオ! 小4
~小6
20名
C 模型飛行機をつくって飛ばそう 小4
~小6
20名 機械工学科
D ブーメランをとばそう 小1
~小6
24名 機械情報工学科
E コマをつくろう 中1
~中3
16名
F 建築ドームをつくろう 小4
~中3
50名 建築学科
G ボールの科学〜オリジナルのスーパーボールをつくろう〜 小1
~小3
16名 応用化学科
低温の世界~液体窒素で低温の世界を体験しよう!~ 小4
~小6
30名
J プログラミング超入門 中1
~中3
30名
K 一つなのに二つ?ビー玉でダイヤモンド 小4
~中3
24名 数学科
L 虹発生器をつくって光と色について学ぼう 小4
~中3
20名 物理学科

A:モーターをつくろう



対象:小3~小6 
モータは電車などを動かすだけではなく,色々なところで回転するものに使われています。このモータを,コイルと磁石でつくり,出来上がったモータの回転スピードを競いましょう!

B:太陽電池で動くラジオ!



対象:小4~小6
太陽電池で動くラジオを、自分の手でつくってみよう!

C:模型飛行機をつくって飛ばそう



対象:小4~小6
プラスチック製のシートと木材を使って、よく飛ぶ模型飛行機の製作を行いましょう。飛行機の調整を通して、飛行機が飛ぶ仕組みを身近に感じることができます。当日は、模型飛行機に関する解説を簡単に行った後、カッターや糊を用いて工作を行い、飛行機が良く飛ぶよう調整し、飛行機が遠くまで飛ぶかどうか、また長く飛ぶかどうか競いましょう!

D:ブーメランをとばそう



対象:小1~小6
紙のブーメランを作って飛ばしてみよう!自分のところに戻ってくるかな?このしくみは、自転車からロケットにまで使われているよ。厚紙を切った長方形を3枚貼り合わせたかんたんなブーメランをつくります。どんなくふうをしたら、よく飛んで、きれいに自分のところにもどってくるようになるのか、チャレンジしてみよう。

E:コマをつくろう



対象:中1~中3
キャンパス内の工場(ものつくりセンター)で工作機械を使って金属を加工してコマをつくります。普段触ることがない機械の操作も大学生のお兄さんがお手伝いをしてくれますので安全です。

F:建築ドームをつくろう



対象:小4~中3
身近にある木製の棒と簡単な金具を使って、サッカーボール型のドーム模型を作ります。全体の完成形を思い描き、設計図を見ながら順序よく組み立てていく構想と手順の大切さ、さらには共同作業を通してモノをつくる喜びを体験しましょう。

G:ボールの科学~オリジナルのスーパーボールを作ろう~



対象:小1~小3
私たちの身の回りには様々なボールがあります。例えば、よく弾むゴムボールやとても硬いゴルフボール、少し大きいサッカーボールなどがあります。今回はスーパーボールに注目し、材料や作り方を変えて、オリジナルのスーパーボールを一緒に作ってみたいと思います。そして、みなさんが作ったスーパーボールの硬さや弾み方を比べてみて、作り方でどのような違いがあるか一緒に考えてみましょう。

H :低温の世界~液体窒素で低温の世界を体験しよう!~



対象:小4~小6
液体窒素による-196℃の「低温の世界」を体験してもらいます。さまざまなものが凍る-196℃の世界で起こる化学現象を学習します。液体窒素を使って、植物や風船など身の回りにあるものを冷やしてみましょう。何が起こるかな?

J:プログラミング超入門



対象:中1~中3
2020年から小学校でもコンピュータのプログラミングの授業が始まります。現在の、中学生でまだプログラミングをしたことがない人のために、「プログラミング超入門」の授業を開催します。Scratch(スクラッチ)と呼ばれるプログラム開発環境を使ってキャラクタを動かしたり、簡単なゲームを作ります。入門用ですから、すでにScratchを学んでいる人には物足りない内容ですので、本当にプログラミング経験がない人のための科学教室です。なお、この授業は、東京の女子校の中学3年生に出前授業で行っている内容を拡大したものです。

K:一つなのに二つ?ビー玉でダイヤモンド



対象:小4~中3
次のような体験メニューを考えています。子供はおもしろ!大人も意表をつかれる!?(1)トイレットペーパーの芯の意外な動き (2)空き缶はバランスする (3)一つのモールなのに二つの字 (4)ビー玉ダイヤモンド(クラックビー玉の美しいひび) (5)水よ止まれ(過冷却水の凍結実験)

L:虹発生器をつくって光と色について学ぼう



対象:小4~中3
光を色々な色に分けることのできる簡易分光器(虹発生器)を工作し、人工的に虹を発生させる。身近にある様々な光の性質や色の仕組みについて学ぶ。
お問い合わせ先

夏休み科学教室に関するお問い合わせ

TEL:044-934-7609
FAX:044-934-7901

Email:sst@mics.meiji.ac.jp

理工学部